自動車買取相場を調べるなら、まずは車買取一括査定サイトを使うべし!!

メーカーをどう見るかという視点

同じメーカーのクルマに乗り続ける日本人というのは世界においてもちょっと特殊な民族かもしれません。
さて、あなたがクルマを購入するとき、どのような選び方をしたらよいのか。私が特別にアドバイスします。
まずは「新車を買う」場合についてお話ししましょう。とても重要なのでよく確認してください。
高額な新車選びのなかで、まず「自動車メーカーをどのように考えると、カシコイ買い物ができるか」という点が何何より重要です。
一般に、日本人は保守的なので最初に選んだクルマのメーカーを、2台目、3台目についても選び続ける傾向があると言われておりそれも顕著だというふうに言われているため海外からはそのような特徴が日本人にはあると思われているようです。
たしかに、トヨタやホンダなど同じメーカーのクルマに乗り続ける安心感はあるかもしれませんし、その方が多多くの値引きを勝ち取ることができるという考え方もああるのかもしれません。しかし勇気を出して他のメーカーのクルマに乗り換えてみると新たな発見があり、あこれまでになかった新鮮な高揚感を感じクルマ選びの幅も広がります。これは車を維持していく上でとても重要なワクワク感に鈍っていくのです。しかし、車というのは高額商品であるため手軽に買い換えることができない商品ですから、くれぐれもメーカー選びは慎重に行いたいものです。

マーケットシェアに便乗々してみると本当に豪華があるのでしょうか……
日本人は中古車には手を出さず、新車を乗り継ぐような買い方をしている人の場合、とても保守的になると言われています。トヨタ車と本田車を交互に乗るというのも実はカシコイ手法のひとつですが、これを実践している人はあまりいないと言われています。なぜなら、トヨタやホンダばかりではなく三菱であってもメーカーはもちろん各ディーラーや販売店もマーケットシェアを等しく重視しているので、他社のクルマに乗り換えるとなると、いろいろの妨害工作をしてきており下取り価格やサービス面で優遇してもらえる可能性があるからです。
ディーラーの営業マンにとっても、「他社取り」といって他社のクルマのオーナーが自社のクルマに乗り換えてくれれば、ディーラーや販売権などの会社から報奨金が出る場合もあり、がぜん商談にも熱が入るのです。それは営業マンとして当然の行為と言えるかもしれません。ちなみに、このケースは、ホンダには通用しません。ホンダはオートバイ販売から通じる独自の販売戦略があり、トヨタや日産という他社のオーナーを引っ張ってくることが重要という感覚があまりないからです。これはホンダ独自の文化といってもいいでしょう。
あくまで、日本を代表する「日産:トヨタ」という2大メーカー間の争奪戦を顧客として利用するという考え方になります。ただしこれも昔の話になりつつあります。現在はムードメーカーであっても同じような対応をしているというのは実体ではないでしょうか。

 

サイトマップ